英会話を上達させる為のアドバイス

英会話を上達させるには、まずはATTITUDE!

英語を喋る時にどういう人がうまくコミニュケーションを取れるのか???どうすれば英会話が上達するの???
英会話を上達させるコツについて紹介したいと思います。
日本人に限らず沢山の留学生や移民の人を見て来て気づいたのですが、英会話の上達はまずは態度から始まります。 意外にここを見過ごしていつまでも英会話が上達しない人がいます。


まずは発音でも語彙数でもなく、大きな声でハキハキ喋る事を心がけてみて下さい。 発音が恥ずかしいから、自信が無いから、と小さい声でごにょごにょ喋っている人がとても多いのですが、相手にはっきり聞こえる大きい声でしっかり喋る事で 「発音がどんなに悪くても、ハキハキと伝えよう!」という姿勢が買われて、相手も一生懸命聞こうとしてくれるはずです。

自信のある、はっきりした態度の方が好印象を与えます。「あなたに喋りかけてるんですよ」英語が苦手でも、
あなたとコミュニュケーションが取りたいんです
という態度を示す事が大切です。

英語バナー

おどおどしがちな人は、落ち着いて相手を見てしっかり喋るようにするだけで、コミュニケーションを取りやすくなります。 自信が無く引き気味で喋っている人に、誰もそれ以上会話を続けようとは思いません。 英語が得意でないながらにも頑張っている姿勢を見せるだけで、お互いに意思を疎通させようと相互扶助が生まれます。

また、発音が悪いのにそれっぽく聞こえるように早く喋ってごまかそうとする人も多いです。 相手は聞き取るのに苦労するので逆効果です。苦手な単語ほど、ゆっくり、はっきり発音しましょう。

英会話の上達する勉強法

なかなか英会話が上達しない、何年も英語圏の国に住んでいるのに英語が上手にならない、そう言っている人達の殆どが偏った勉強法をしていて、 英会話で一番大事な部分の勉強を丸無視している場合が多いです。
初心者が一回、二回、その単語の発音を声に出して練習したからと言ってその単語の発音をものに出来るはずがありません。 一日のうちに英語を聞く機会が数分しかないのにリスニングが向上する事もありません。 英語の言い回し、フレーズ、イディオムを覚えていないのに、知っている単語だけでめちゃくちゃな文章を繋げていてもなかなか英会話は上達しません。
文法やリーディング、単語の暗記にばかり時間を割いて、発音、リスニング、スピーキング、イディオムや表現の暗記に時間をかけていなければ、 実際に喋れるようになる英語はいつまでたっても身に付きません。

なかなか英会話が上達しない、という人は自分の勉強法を見直してみましょう。 英会話の勉強法についてはこちらのページでもう少しつっこんでいます。

受け身の学習法では英会話力は上達しない

英会話教室に通ったから、語学学校に通ったから、その程度で英語がペラペラになるのはまず難しいです。
教室で教えてもらう以上に自ら進んでする勉強が必要になってきます。勉強、と言っても机に向かって文法書とにらめっこするような勉強ではなく、 実際にテレビや映画などで話されている英会話を聞き取る、自分で発音の練習をする、英文を読んでみる、など自分の空いている時間に自分に足りない部分を補足するような勉強法です。 また、子供が言葉を覚える時のような繰り返しの単純作業も必要になってきます。

発音を上達させる

学生時代にさんざんからかわれた事があるので、「自分の発音が恥ずかしい」という気持ちは分かります。でも、大きな声で恥ずかしがらずに、 自分で出来る限りの発音で喋ってどんどん場数を踏んで行って下さい。 「慣れる」事が大切です。また、四苦八苦しながらでも頑張って喋りかけていると、相手も発音の仕方を教えてくれたりします。

かっこ良く喋ろう、早く喋ろうとするのでなく、わざとらしいと自分が思うくらいオーバーに、苦手な単語ほどゆっくり、はっきりと発音 してみて下さい。私もよく注意されたのですが、特に日本人の苦手なRの発音など、慣れるまでは意識してオーバーに発音するぐらいの方が伝わり安いようです。

カタカナ英語から徐々に発音を上達させるにはコツがあります。発音の勉強の仕方は 英語の発音のページで詳しく説明しています。

リスニングを上達させる

リスニングは英語を聞けば聞く程向上して行きます。いつまでたってもあまり聞き取れない、という場合はリスニングに割く時間がまったく足りてない場合が多いです。
また、インプットが少なければアウトプットが増える訳も無く、リスニングが出来ない人は基礎的な語彙力や表現力も身に付いて行きません。 最初は分からなくても、次第に英語のリズムに慣れて行くまで毎日聞き続ける事が大切です。 お金を掛けず、身近なものを利用してリスニング力を上げるコツは、 リスニング/ヒアリングのページを参照して下さい。

口語表現を覚えて英会話を上達させる

ただ英単語を覚えるより、口語で登場する表現、イディオム、言い回し、スラングを覚えてしまう方が即戦力のある英会話を身につける事が出来ます。 受験勉強で詰め込んだ英単語は会話に使うにはビッグワードが多く、その単語を駆使して会話を成り立たせようとするととても不自然な英語になってしまいがちです。

言い回しごと覚えてしまうのは、手っ取り早く英会話を上達させるコツの一つです。 表現は基本的な例文と一緒に覚えて場合によって使い分けるようになるように慣れてしまった方が速いです。 日常会話で登場する英会話例文ページ を参考にして下さい。イディオムや表現を随時追加しています。

また、口語では多彩なスラングが登場します。スラングを『悪い言葉』と思っている人がいるようですが、 悪い言葉だけでなく、口語表現、流行り言葉や隠語など、スラングにも幅があります。 そのスラングを知らないと全く意味の通じないものが多いので、日常会話で登場するスラングも覚えてしまいましょう。
スラング辞典をどうぞ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

英語で困ったとき

日常生活のシチュエーション

食品関連

体に関連する英語

五感(five senses)

日常会話で登場するトピック・基本情報


アメリカ基本情報

アメリカ便利情報

クレジットカード

アメリカ生活必需品

当サイトのリンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。記事や画像の無断転載は禁じております。使用する際には、当サイトを参照先としてリンクするかご一報ください。